錦織サーブ強化の秘策⁉アンダーサーブでプイユに勝利【ウィンブルドン前哨戦で】

Vamos!圭

ども、ジャストです 😀 

 

ウィンブルドンが近づいてきました。

ジャスト
ジャスト

来週月曜日(7月1日)から

 

現在(6/27/2019現在)、

錦織くんはロンドンで行われているエキシビション大会「アスポール・テニス・クラシック」に出場しています。

⇒出場選手(なかなか豪華です!)

 

 

ジャスト
ジャスト

みんな、

今大会は来週開幕のウィンブルドン最終調整の意味合い

 

 

1回戦は、キリオスとの対戦予定でしたが、

急遽、プイユ(フランス/25歳)との対戦となり、、、

キリオス、何があったんだー?

 

7-5、7-6(7-5)のストレートで勝利しました~

 

次は、同大会でナダルに勝利したチリッチとの対戦となります。

ジャスト
ジャスト

チリッチは、ナダルに6-3、6-3で勝ってます

スポンサーリンク

錦織が、高速アンダーサーブからのネットダッシュ!!

その1回戦(対プイユ戦)のセットポイントで、

錦織くんが高速アンダーサーブからのネットダッシュ!

プイユがリターンミスしてセットを取ったようです^^

▲これ、相手のミスまでは観れませんが、

構えてから早いタイミングで打ってて(しかもヘビースライス)、すぐに錦織がネットにダッシュしてきたら、そりゃ相手は意表を突かれて焦るでしょうねー

 

ジャスト
ジャスト

ウィンブルドンでも

場面によっては使うんじゃないかな^^

 

伝説のマイケル・チャンのアンダーサーブ

ちなみに錦織の師匠マイケルチャンは、

1989年の全仏オープン4回戦の対イワン・レンドル戦で、このアンダーサーブを打ち、ポイントを取り、

その試合を勝利。

その勢いで決勝(対エドバーグ)でも勝ち、史上最年少のグランドスラム優勝を果たしています。

 

▼ニューヨークタイムスによる「インタビュー&アンダーサーブ動画」

Michael Chang vs. Ivan Lendl: 25 Years After French Open Battle | The New York Times
ジャスト
ジャスト

このとき、マイケルは足を痛めていたので、

ネットダッシュはしてません

 

結構みんなやってます!アンダーサーブ

▼キリオスが上手いし、よくやってますね^^

2019: Year of the Underarm Serve

 

うまくいくと、サーブ版のドロップショットになります。

 

 

▼アンダーサーブを教えてくれる動画もありました笑。相当シニアなレッスンプロですね^^

※動画の下にある「設定」から日本語字幕にできますよ^^(変な日本語ですが)

Most Underused Weapon in Tennis – The Underhand Serve

 

コメントで、

「アンダーサーブはいいけど、

この人フットフォールトしてるよ」のツッコミも(笑)

 

アンダーサーブ、

楽だし、ちょっと練習してみようかな^^ とも思いました^^

 

まとめ

アンダーサーブ(英語ではUnder Hand Serve)は、

相手の意表を突くトリッキーな作戦であり、相手にいろいろ考えさせて、

ミスを誘発させるという心理戦の場面で使えそうなテクニック。

1試合に1回くらいしか使えないとは思いますが、

練習しておくに越したことはない!

ジャスト
ジャスト

プロでもよく失敗=フォールトしてます

 

いずれにしろ、

錦織くんのウィンブルドンでの活躍に期待してます。

 

ジャスト
ジャスト

昨年ベスト8だったので、

目標はそれ以上!

 

 

Vamos!圭!!

 

▼フェデラーには打てないですね^^