竹内まりや64歳がNHKで語った生き方と故・岡田有希子への想い【完全版放送決定】 

みんなの健康法

ども、ジャストです 😛 

いま現在、シニア世代(50代、60代オーバー)で活躍されている方々の

生き方や考え方、健康法などを知ることで

大いに参考にさせていただこうじゃないか^^

というカテゴリー「みんなの健康法」

 

今回は、竹内まりやさん!

 

ワイフ
ワイフ

デビューから40周年。

 

ワイフ
ワイフ

夫婦でファンです!

ジャスト
ジャスト

2014年の幻のライブ@武道館にも行きました^^

 

↓先月、このドキュメント映画で、

2019年度芸術選奨の大衆芸能部門で「文部科学大臣賞」を受賞されてます。

「souvenir the movie 〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜 」予告編

【受賞に対する竹内まりやさんのコメント】

大衆芸能としてのポップスを、いかなる形で世の中に届けていくのかを模索してきた40年でしたが、これまでの歩みを総括したライブドキュメンタリー映画を通して、音楽に寄せる自身の素直な想いを表出できたように感じております。
すべての源は、温かいファンの皆様の変わらぬご支援と、沢山のスタッフ、ミュージシャン、友人、そして家族の多大なる理解と協力の中にあります。
身に余る栄誉を賜わりましたことに対し、この場をお借りして心より感謝申し上げます。皆様、本当にありがとうございました。

竹内まりや

引用:「竹内まりや公式サイト」より

 

 

先日(2019年3月26日)、

11年ぶりのテレビ出演番組(NHK特番)を観ていて

数々の名曲、懐かしい映像、夫、山下達郎さんとの共演などに見入ってしまいましたが、、、

 

年齢を聞いて、あらためて驚きました。

御年、64歳!

 

ジャスト
ジャスト

画面を2度見、3度見^^ 

 

なんで、あんなにイキイキと、キレイに、年齢を重ねることができてるのか。。。

 

番組を通して分かった生き方、考え方

過去のインタビューで語った健康法なども共有させていただきます^^

ジャスト
ジャスト

すみません、健康法(食事など)は別記事にします~

ある意味、生き方が健康法!

 

何かの参考になったらウレシーです~

 

追記:この番組、いつ再放送するのかなと思っていたら、再放送決定です!

5月5日(日)0:35~1:15 NHK総合

 

9/7追記:まりやファンに緊急特報です!

本日夜21時~22時半、NHK BSプレミアムで【竹内まりや Music&Life ~40年をめぐる旅~ 完全版】が放送されますよ。

↓ ↓

永久保存版!竹内まりやの代表曲がコンプリート!今年3月「11年ぶりのTV出演」で大きな反響を巻き起こした特番の「完全版」。珠玉の40曲を未公開を含めて紹介する。

永久保存版!竹内まりやの代表曲がコンプリート!今年3月「11年ぶりのTV出演」で大きな反響を巻き起こした特番の「完全版」。今回は「40年をひもとく珠玉の40曲」というテーマで代表曲を紹介。「不思議なピーチパイ」「元気を出して」「マンハッタン・キス」「人生の扉」をノーカットでお届け。さらに「シングル・アゲイン」「告白」のライブ映像を初めて公開。ホームグラウンドとするスタジオに初めてTVカメラが潜入!

【出演】竹内まりや

引用:NHK公式サイト

ワイフ
ワイフ

絶対、録画して保存版にします^^

スポンサーリンク

まりやさん、NHKで11年ぶりのTV出演

番組概要

番組タイトルは「竹内まりや Music&Life~40年をめぐる旅~」

放送は、3月26日(火)22時~22時40分。

NHK総合の特別番組枠として放送されました。

 

残念なことに、いまのところ再放送の予定はないようです。見逃し配信も、見当たりません(2019年4/4現在)
追記:再放送決定!5月5日(日)0:35~1:15

 

前回のテレビ出演が、2007年4月、

やはりNHKの音楽番組「SONGS」第1回への出演で、

それ以降、民放局も含めてテレビ出演はしていなかったとのこと。

 

ジャスト
ジャスト

その、第1回目のSONGSで聴いた「人生の扉」。。。

50代に入る直前、当時の心境が歌われていて打ちのめされましたー^^

 

『♪満開の桜や、色づく山の紅葉をこの先いったい何度見ることになるだろう♪』

※「人生の扉」by竹内まりや

ジャスト
ジャスト

いまも桜の開花の頃は、この歌詞が浮かびます~

 

今回の番組内容をざっくりと

竹内まりやの”今の姿”を追う密着ドキュメント

音楽制作(ディズニー映画「ダンボ」のエンディングソング)のために、スウェーデンを訪れた彼女にNHKが密着。

音楽の制作現場をテレビ初公開したり、

ストックホルムの街を散策しながら、40年の音楽人生を振り返り、未来への展望を語る、

という内容。

 

番組の中の映像として、貴重な過去の映像もたくさん出てきましたよ!

「レッツゴーヤング」(1974~1986年)に出演した際に歌った名曲「セプテンバー」や、

坂本九とデュエットで歌ったアメリカン・ポップス「カレンダー・ガール」など。

ジャスト
ジャスト

坂本九さんとも共演してたとは!

 

また、過去3回しか行っていない伝説のライブツアーの映像から

「プラスティック・ラブ」「カムフラージュ」

といったヒット曲も散りばめられていて、見応えありました!

 

ジャスト
ジャスト

「プラスティック・ラブ」は、30年前の曲ですが、

なぜか、いま、海外でバズっているそうです

…追って深掘りしたい!

 

 

アイドルたちへの楽曲提供

当時のアイドルたち(河合奈保子さん、中森明菜さん、広末涼子さんなど)にも多くの楽曲を提供していた竹内さんでしたが、

特に、岡田有希子さんに提供したデビュー曲「ファースト・デイト」に関しては思い入れがあったようです。

岡田さんは18歳で亡くなったアイドルです、、、投身自殺でした。

 

今年、33回忌。

いまだから向き合えるということで、

竹内さんは当時のレコーディングの日々を思い出しながら、

「あのとき、もっと話せたら、もっと悩みをきいてあげたら」と、後悔されていました。

限りある生命を意識した出来事だったようです。

 

 

9/18追記:10月16日に発売されることになりました↓

ツイッターでの反応

 

 

 

 

デビュー40周年を迎えて:幸せの秘訣とその生き方

「人生の扉」

番組の中のインタビューで、

30代、40代は無我夢中で、

次に向けてこんなことがしたい、あんなことがしたいと突っ走っていた。

50代で訪れた心の変化は、

こんなことがしたいと思うことができてることに、気付かされ、

これはとても幸運なことなんだなあ、と思えるようになった。

そして、

60を超えてからは、その瞬間さえが愛おしいと思えるようになった」

と、歳を重ねて変わってきた「幸福感」の話をされました。

 

 

そして、

旅立っていった仲間、先輩ミュージシャンたちの話となり、

ジャスト
ジャスト

大滝詠一さんや、村田和人さん、バンドメンバーだった青山純さんなど

 

亡くなった人の分まで、

生きてる人、生かされてる人は頑張らなくちゃ、と

明日いなくなっても後悔しない生き方をしているとのことでした。

 

まりやさん51歳のときに書いた「人生の扉」にこういうフレーズがありますが、

このへんの心境を歌われているような気がします。

『♪ひとつひとつ 人生の扉を開けては感じるその重さ

  ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ♪』

※「人生の扉」by竹内まりや 2007年

 

「いのちの歌」

ワイフ
ワイフ

私の一番好きな曲です。

 

番組では、鹿児島奄美の小学校の卒業式で、

卒業生全員でこの「いのちの歌」が歌われた様子が流れました。

その経緯として、

卒業生のママと竹内さんが手紙の交換をしたようで、、、

 

ワイフ
ワイフ

「13歳、おめでとうございます…」から始まる

まりやさんの手紙の文字が、達筆すぎ!

。。。字までキレイなのか^^

 

 

まさに、いのちの大切さ、尊さを歌った曲、、、

 

ワイフ
ワイフ

今春から、「道徳」の教科書に掲載されるそうです

 

番組最後にスタジオで、

竹内さんがその「いのちの歌」を歌唱して番組は終わりました。

 

『♪本当にだいじなものは 隠れて見えない

ささやかすぎる日々の中に かけがいのない喜びがある♪』

※「いのちの歌」 by竹内まりや

 

竹内さんの過去のインタビューでも、こうコメントしています。

「今を幸せに生きる秘訣は“ささやかな日常を面白がれること”

だって、人生はほとんどがハレの日ではなく、ケの日じゃないですか?」

と。
 
↓「ハレとケ」調べました^^

ハレとケ」とは、柳田國男によって見出された、時間論をともなう日本人の伝統的な世界観のひとつ。

民俗学や文化人類学において「ハレとケ」という場合、ハレ(晴れ、霽れ)は儀礼や祭、年中行事などの「非日常」、(褻)は普段の生活である「日常」を表している。

ハレの場においては、衣食住や振る舞い、言葉遣いなどを、とは画然と区別した。

引用:ウィキペディア

 

ジャスト
ジャスト

はい!

ばかりの日々ですー

 

いのちの歌 ツイッターの反応

 

 

 

 

まとめ

番組最後に、竹内さんは

「75歳くらいまで歌っていたいかな。」

と嬉しいコメント。

 

ワイフ
ワイフ

あと10年ですね、、、

もっとお願いします~^^

 

また、番組内での夫である山下達郎氏のコメント

彼女のすべての作品に共通しているのが「人間存在に対する強い肯定感です」

が、刺さりました。

 

ボクなりの、今後の生き方の指針をまとめます^^

  • 残りの人生を、肯定的にとらえ、
  • 生かされていることに感謝し、
  • 毎日の一瞬、一瞬を楽しみ
  • 笑って過ごす

です^^ 

ジャスト
ジャスト

そんなにうまくいくかなーとも思いつつ^^

 

この記事が、ちょっとでも何かの参考になったらウレシーです^^

 

あ、あと、とりあえずこの3枚がおすすめです。

※「人生の扉」と「いのちの歌」が一緒になったアルバムはないようです~

 

「人生の扉」が収録されたベスト盤

 

↓初めて「いのちの歌」が収録されたアルバム

 

↓初めて「人生の扉」収録されたアルバム

 

追記:先日ニューアルバムが発売されました!

▼初回特典付き¥7650

 

▼通常版¥4320

 

▼ダウンロードサイト

Turntable